プロの作家でなくても自分の書いた文章を出版できるのが自費出版です。電子書籍が普及してきた現代では以前よりも簡単に自費出版をすることができるようになりました。自分でオリジナルストーリーを考えて本にするのもいいですし、普段書き留めている日記を出版することもできます。出版となるとどのくらい稼げるのかということが気になるところですが、稼ぐこと以上に自分の書いた文章をこの先ずっと残していくことができるということに魅力を感じている人が多いようです。

>こちらのWEBサイトで自費出版について詳しく調べることができます。

自費出版は本来とても費用が掛かります。でもブックスペース では電子書籍としての出版になり出版費用を安くできるのが特徴です。売れればそれだけの収入も入ってきて、印税生活なんてこともできるようになるかもしれません。また自分の書いた書籍が人気となればプロの道が拓ける可能性もあります。多くの人の目に入ることで自分の名前を売ることもできますし、より高度な書籍の執筆もできるようになります。

執筆活動は気ままに行うことができます。仕事の飽き時間に少しずつ書き溜めておいて一冊にすることもできますし、本格的に執筆して書籍にすることもできます。ちょっとした興味で始めてみると意外な人気になるかもしれないのが電子書籍による自費出版の魅力かもしれません。

Leave a Reply